英会話教室のトラブル


 


講師によるトラブル

講師の能力不足講師の能力不足の英会話教室に知らずに入会してしまったケース。クラスで学習を行っていくうえで、気をつけたいことの中で 『講師の能力不足』があげられます。このケースは、入会前に入念にチェックしておきたい項目ですが、なかなか難しいのが現状でしょ。もしも、高学歴の英語の堪能な先生が担当に当たったとしても、教え方があまりしっかりしていなかったり、授業が楽しくなければ意味がありません。

注意点


英会話教室で働く講師陣の多くは、全員が語学教育の専門家と言う訳ではありません。むしろその大半は幾ばくかの講師教育を受けた程度で、極端な場合には「来日してからたった数週間しかたっていない」といったようなまったくの素人であるケースもあります。海外からきたネイティブの教師が担当になったからといって安心はできません。しっかり、教育プログラムを受けて、日本人の英語脳をしっかり理解出来た人材が教師としては、適していると言えるでしょう。


TOP



スタッフ引継ぎのトラブル

英会話教室に入会して後に、クラスで学習を行っていくうえで気をつけたいことの中で『スタッフ引継ぎのトラブル』があります。中でも、頻繁に教師が変わるような英会話教室はあまり良くないでしょう。教師もいきいきと楽しんでやっているところは、自然と長年そこで働いているの教師達が存在するはずです。それに、頻繁に担当の先生が替わってしまうと、生徒も新しい先生に慣れるのに時間がかかり、勉強どころではありません。

注意点


講師が旅行者や留学生である場合には、わずか数ヶ月で異動や退職してしまうことも珍しくありません。手続きを行なう日本人のスタッフについても、頻繁な人事異動がある為に引継ぎが充分でなかった場合に、それに伴うトラブルが発生する可能性も少なくありません。


TOP




表現方法の違い、訛り

英会話教室に入会し、学習を行っていくうえで、気をつけたいことの中で『表現方法の違い、訛り』です。同じ日本人どうしでも多くの訛りがあるように、英語にも、その国々、また地域ごとでもアクセントが大きく変わってきます。特に、よく言われているのはオージーアクセントと言われるオーストラリアの訛りです。この言葉の訛りが気になる人は、国や地域を選んだり、講師も選んで入会する事をオススメします。


注意点


同じ英語圏であってもアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど国による表現の差異があるだけでなく、訛りのある講師もいる場合が多くあります。気になる人は前もって調査をした上で入会することをお勧めします。


TOP




 

チケットの払い戻しとは?

英会話教室に入会した後に、学習を行っていくうえで、気をつけたいことの中で『チケットの払い戻し』があります。

 

注意点


経営困難で閉鎖を余儀なくされ、教室の受講生のチケットが払い戻しされないなどといった民事訴訟が起こされたケースもあります。十分に注意しましょう。


TOP


recommend

Ridding Speed

2016/1/22 更新