その勉強法でいいの?

 

英会話というのは、学習法や、使う英語教材によって成果が全く異なってきます。『他校からの転校生がそれまでの学習法の誤りに気づいた時に、彼らの落胆ぶりを見るのが辛くてなりません。』と、ある英会話の講師は言います。

今からいくつかの “誤った学習法”を紹介していきます。あなたの勉強法、本当に今のままで大丈夫ですか?

 

 

 

その① 英米人(ネイティヴ)偏重型


これは、日本人講師を全く使わずに英米人講師のみからレッスンを受ける方法で、一見良いように思える英米人講師は当然必要ですが、「言語形成期を過ぎた人」は生徒と同条件で英会話をマスターした日本人講師から「理論演習」を受けなければ、すぐに行き詰まってしまうのが普通です。


私達が、自然に日本語を話せるようになったのと同じく、英米人は物心ついたときから英語を話している人達で、日本人がどうすれば、もっと英語を話せるようになるのか?と知るわけもありません。それは、プログラムによって勉強をしてきた人たちとは別ですが、、、。

 

一方、日本人講師達は、生徒と同じように元は日本語しか話せず、後から英語が話せるようになった人達です。つまり、生徒がこれから行おうとしていることと全く同じことを先に行った人なので、絶対に不可欠な存在と言えます。英米人講師によるレッスンは、日本人講師によるレッスンを十二分に重視した上で組み合わせていくことが、理想的なレッスン・学習法と言えます。

 

 

その② 安易な語学留学

『英米人偏重型』(上記のその①)のきわみが、英語の論理的理解を除去した語学留学と言えます。本来、語学留学というのは、日本でもうこれ以上勉強する事はないと言えるくらい、しっかりと勉強した後に行って初めて役に立つもので、十分な英語力のない人が留学して「言語形成期」を過ぎているにも関わらず、理論を無視したただの見様見真似の体験学習を行っても、それは大金と時間を無駄にしてしまうだけなのです。


TOP

 

 

その③ 体験学習偏重型

英語オンリーの環境、またはその方法で見様見真似の自然習得を目指すものが『体験学習偏重型』と言います。
『英米人偏重型』(上記のその①)がこの典型なものと言えますが、もしも、日本人講師が指導していたとしても母国語(日本語)を無視したり、英語オンリーの環境や方法で体験学習に終始するのならば『英米人偏重型』と同じ理由から努力を無駄にする学習法と言えかもしれません。

日本人講師の利点と言えば、日本語を母国語とする人が英語を話すための理論やノウハウを指導するところにあります。よって、これを指導せず英語オンリーに依存する『体験学習偏重型』になると、日本人講師による指導であっても意味を持たないでしょう。


TOP

check

JTB
http://www.jtb.co.jp/
美容皮膚科
http://www.hiroo-prime.com/
表参道の人気美容院
http://www.lauleas.com/

Last update:2014/10/10